住みよさ1位の印西市の分譲住宅情報をお届けします。

住みよさランキング1位の街!印西市調査隊【分譲住宅編】

大切なのは住み心地?おしゃれさ?知名度?印西市の分譲住宅狙うならこの3社!
印西まち歩きレポート人気エリアの分譲地をチェック!
印西市調査隊【分譲住宅編】 » 印西の分譲住宅・気になる最旬キーワード » ZEH
  

ZEH

ZEHとは環境にも家族にもやさしい省エネハウスのことです。ここでは、ZEHのメリットとデメリットやZEHの種類、補助金制度などについて紹介します。

ZEHとは

ZEHはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、エネルギー収支をゼロ以下にする住宅のことです。高性能断熱材や断熱窓による高断熱、高効率の照明や空調による省エネ、太陽光発電などの創エネの3つの柱で構成されています。家庭内で消費するエネルギーを極力減らし、さらに必要なエネルギーを創ることにより、環境にも家族にもやさしい住宅です。

ZEHのメリット

メリットはなんといっても、断熱効果で夏は涼しく冬暖かく、家族が毎日を快適に過ごせることでしょう。高性能断熱材は適切な温度調整を行ってくれます。また、ZEHを建てる際に補助金制度を活用することで、環境やお財布への負担も軽減。太陽光発電で蓄電しておくことで、万が一の事態に備えることもできます。そのほか、HEMSというエネルギー節約管理システムにより、外出先から各機器の操作もできるので便利です。ZEHにはこのようなメリットがあり、結果的に資産価値も上がることがポイントになります。

ZEHのデメリット

デメリットは、高性能・高効率の資材による初期コストや家のデザインの制約、ZEHを施工できる会社の限定などです。しかし、補助金制度が活用できることや省エネ効果が期待できるため、長い目で見ると収支はプラスになるでしょう。

ZEHの主な種類

ZEH(ゼッチ)

ZEHの基本となる高断熱、省エネ、創エネのロードマップの定義(省エネルギー率20%以上)を満たす住宅で、「ZEH」「Nearly ZEH」「ZEH Oriented」が対象となります。補助金額は1戸あたり60万円程度で、分譲住宅にも適用されます。また、最大90万円の「先進的再エネ熱等導入支援事業」の併願が可能です。

ZEH+(ゼッチ・プラス)

ZEHと比較して、ロードマップの定義(省エネルギー率25%以上)を満たす住宅で、「ZEH+」「Nearly ZEH+」が対象です。断熱性能の強化や電気自動車充電設備などの条件が追加されます。補助金額は1戸あたり105万円で、分譲住宅にも適用される制度となっているようです。

ZEH+R(ゼッチ・プラス・アール)

ZEH+の要件を満たし、さらに災害対応力(レジリエンス)を強化。停電時の電源の確保に加え、「蓄電システム」「自立制御電源を備えた太陽熱温水システム」「停電自立型燃料電池」のいずれかを導入していることが条件です。補助金額は1戸あたり115万円で、分譲住宅にも適用されます。

印西市の分譲住宅、狙うならこの3社!
※分譲価格は各公式サイト掲載の価格です
(「ルナ印西牧の原 クルム ザ・グランデ」は2020年8月当時、「千葉ニュータウン三丁目3番地」「ヒルズTHEヒルズ印西牧の原エイテスタウン」は2019年8月当時)
住み心地・住宅性能を
重視したいなら
ルナ印西牧の原
クルム ザ・グランデ/
(直売)

分譲価格:
3,480万円~
4,827万円

分譲価格:
3,480万円~
※2020年8月当時

閑静な住宅街で
ゆったりするなら
千葉ニュータウン
三丁目3番地/
(直売)

分譲価格:
4,956万円~
5,465万円

分譲価格:
4,956万円~
※2019年8月当時

世界水準の技術力。
耐震性の高い家
ヒルズTHEヒルズ
印西牧の原
エイテスタウン/
(直売)

分譲価格:
4,680万円~
5,070万円

分譲価格:
4,680万円~
※2019年8月当時

印西まち歩きレポート人気エリアの分譲地をチェック!