住みよさ1位の印西市の分譲住宅情報をお届けします。

住みよさランキング1位の街!印西市調査隊【分譲住宅編】

大切なのは住み心地?おしゃれさ?知名度?印西市の分譲住宅狙うならこの3社!
印西まち歩きレポート人気エリアの分譲地をチェック!
印西市調査隊【分譲住宅編】 » 印西の分譲住宅・気になる最旬キーワード » 耐震
  

耐震

地震大国日本において、突然起こる地震への備えは万全にしておきたいものです。ここでは印西市で分譲住宅を購入する際の住宅の耐震について、知っておきたいポイントについてご紹介します。

新耐震基準と旧耐震基準の違い

耐震基準とは、建築基準法に定められた建築物の最低耐震能力を規定したものです。1981年(昭和56年)6月1日以降に適用されている基準を「新耐震基準」、それ以前に適用されていた基準を「旧耐震基準」といいます。

旧耐震基準

1981年(昭和56年)5月31日までに確認申請を受けた建物には「旧耐震基準」が適用されています。旧耐震基準は、震度5程度(中規模地震)の地震が起きても建築物が倒壊しないことが目安です。

新耐震基準

新耐震基準は、甚大な被害を出した1978年(昭和53年)6月に発生したマグニチュード7.4の宮城県沖地震をきっかけとしてできた基準です。

旧耐震基準よりも厳しく「震度6~7程度(大規模地震)の地震が起きても崩壊または倒壊しない」ことが基準とされています。1981年(昭和56年)6月1日以降に確認申請を受けた建物には、新耐震基準が適用されています。

木造住宅の耐震性を高めるための「2000年の建築基準法改正」

建築基準法は前述の1981年(昭和56)年の大改正の後、2000年(平成12年)6月にも再度改正がおこなわれています。

2000年の建築基準法の改正内容

2000年の建築基準法の改正は木造住宅の耐震能力を高めるためのもので、「地耐力に応じた基礎の特定」「構造上主要となる仕口・継手の使用特定」「耐震壁のバランス規定の設置」などが新しく規定に設けられました。

すべての住宅に当てはまる訳ではありませんが、改定前に建てられた木造住宅の中には、改定後建築された木造住宅より耐震能力が低いものも存在する可能性があるとされています。

「耐震工法の種類と特徴」

分譲住宅の購入では建築年数や新・旧耐震基準以外にも、どのような耐震工法で作られているかを知ることも大切です。耐震工法の中でも代表的な種類と、その特徴を見ていきましょう。

2×4(ツーバイフォー)工法

アメリカを発祥とし、約30年前に日本に導入された工法です。比較的安価な材料を使用しつつ耐震性や耐火性の向上が見込めるのが特徴。作業が簡単なため工期が短くて済むメリットもあります。

木造軸組工法

別名「在来工法」ともいいます。柱や梁の骨組みに対し斜めに設置する「筋かい」を入れることで耐震性が向上。ほかの工法と比べ安価で、木材ならではの暖かみのあるデザインの組み入れも可能であることが特徴です。

RC(鉄筋コンクリート)造

鉄筋コンクリートに鉄筋を入れることで強化を図る建築方法です。「耐震性・防音性・耐火性」が高いと同時に、メンテナンスのしやすさ、デザインの自由度が高いなどのメリットがあります。

印西市の分譲住宅、狙うならこの3社!
※分譲価格は各公式サイト掲載の価格です
(「ルナ印西牧の原 クルム ザ・グランデ」は2020年8月当時、「千葉ニュータウン三丁目3番地」「ヒルズTHEヒルズ印西牧の原エイテスタウン」は2019年8月当時)
住み心地・住宅性能を
重視したいなら
ルナ印西牧の原
クルム ザ・グランデ/
(直売)

分譲価格:
3,480万円~
4,827万円

分譲価格:
3,480万円~
※2020年8月当時

閑静な住宅街で
ゆったりするなら
千葉ニュータウン
三丁目3番地/
(直売)

分譲価格:
4,956万円~
5,465万円

分譲価格:
4,956万円~
※2019年8月当時

世界水準の技術力。
耐震性の高い家
ヒルズTHEヒルズ
印西牧の原
エイテスタウン/
(直売)

分譲価格:
4,680万円~
5,070万円

分譲価格:
4,680万円~
※2019年8月当時

印西まち歩きレポート人気エリアの分譲地をチェック!