住みよさ1位の印西市の分譲住宅情報をお届けします。

住みよさランキング1位の街!印西市調査隊【分譲住宅編】

大切なのは住み心地?おしゃれさ?知名度?印西市の分譲住宅狙うならこの3社!
印西まち歩きレポート人気エリアの分譲地をチェック!
印西市調査隊【分譲住宅編】 » 印西の分譲住宅・気になる最旬キーワード » 省エネ住宅
  

省エネ住宅

近年注目を集めている省エネ住宅。こちらでは、省エネ住宅に関連する基礎情報のほか、省エネ住宅を扱っている分譲地や工務店・ハウスメーカーなどを紹介しています。

印西市で省エネ住宅を建てる時に知っておきたい補助金

印西市では、地球温暖化の防止と家庭でのエネルギーの安全確保や効率化・最適化を図るために、太陽光発電システムやエネファームなどの住宅用省エネ設備を設置する家庭に対し、補助金の交付を行っています。

申し込み方法は、印西市役所2階にある環境安全課窓口への持参もしくは郵送です。申請には印西市住宅用省エネルギー設備等設置費補助金交付申請書をはじめとした書類や写真が必要になるため、よく確認をしたうえで申し込むようにしましょう。

補助対象設備の要件及び補助金額

太陽光発電システム

設備の要件 (1)住宅用の低圧配電線と逆潮流有りで連系するものであること。
(2)太陽電池の出力状況等により、起動及び停止等に関して全自動運転を行うものであること。
(3)太陽電池モジュールが、次のいずれかの規格等に適合していること。
ア 国際電気標準会議の規格または日本産業規格に適合しているものであること。
イ 一般財団法人電気安全環境研究所の認証を受けているものであること。
ウ 一般社団法人太陽光発電協会JPEA代行申請センターにおいて設備認定にかかる型式登録されているもの。
(4)対象設備を構成する太陽電池の公称最大出力またはパワーコンディショナーの定格出力のいずれか小さい方が10キロワット未満であること。
補助金の額 単価20,000円/kW
(上限90,000円/4.5kW)
※既存住宅で、エネルギー管理システム(HEMS)または定置用リチウムイオン蓄電システムを設置している場合のみ補助対象。

太陽熱利用システム

設備の要件 一般社団法人ベターリビングにより優良住宅部品(BL部品)として認定を受けたものであること。
補助金の額 強制循環式上限50,000円

家庭用燃料電池システム

設備の要件 国が平成25年度以降に実施する補助事業における補助対象機器として一般社団法人燃料電池普及促進協会の指定を受けているものであること。
補助金の額 上限50,000円

定置用リチウムイオン蓄電システム

設備の要件 国が平成25年度以降に実施する補助事業における補助対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブにより登録されているものであること。
補助金の額 上限100,000円
種類設備の種類 設備の要件 補助金の額
太陽光発電システム (1)住宅用の低圧配電線と逆潮流有りで連系するものであること。
(2)太陽電池の出力状況等により、起動及び停止等に関して全自動運転を行うものであること。
(3)太陽電池モジュールが、次のいずれかの規格等に適合していること。
ア 国際電気標準会議の規格または日本産業規格に適合しているものであること。
イ 一般財団法人電気安全環境研究所の認証を受けているものであること。
ウ 一般社団法人太陽光発電協会JPEA代行申請センターにおいて設備認定にかかる型式登録されているもの。
(4)対象設備を構成する太陽電池の公称最大出力またはパワーコンディショナーの定格出力のいずれか小さい方が10キロワット未満であること。
単価20,000円/kW
(上限90,000円/4.5kW)
※既存住宅で、エネルギー管理システム(HEMS)または定置用リチウムイオン蓄電システムを設置している場合のみ補助対象。
太陽熱利用システム 一般社団法人ベターリビングにより優良住宅部品(BL部品)として認定を受けたものであること。 強制循環式上限50,000円
家庭用燃料電池システム 国が平成25年度以降に実施する補助事業における補助対象機器として一般社団法人燃料電池普及促進協会の指定を受けているものであること。 上限50,000円
定置用リチウムイオン蓄電システム 国が平成25年度以降に実施する補助事業における補助対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブにより登録されているものであること。 上限100,000円

※引用元:印西市公式HP(https://www.city.inzai.lg.jp/0000006370.html)

印西市でおすすめの省エネ分譲住宅地

創建 ルナ印西牧の原クルムザクロス

家時間を充実させるダブル断熱の住まい

断熱材で住まい全体を包み込むことで、室温の最適化を実現。少ないエネルギーですべての部屋の温度を一定に保つことができるため、開放感のあるデザインでも1年中快適に暮らせます。

また、24時間換気システムも搭載しており、新鮮な空気が循環することでハウスダストから大切な家族を守ることも可能です。

太陽光発電システムを積極的に採用

創建の販売するルナ印西牧の原クルムザクロスは、ダブル断熱と太陽光発電を積極的に採用している分譲地です。省エネ住宅には欠かせない太陽光発電システムは、光熱費を削減できるだけでなく、災害における停電時でも利用できるメリットが存在します。経年劣化も緩やかなので、設置して損はないでしょう。

創建では「太陽光搭載0円キャンペーン(※2020年6月時点)」を行っているため、お得に太陽光発電システムを導入することができます。

ヘリオスタウン印西牧の原

太陽光パネルを標準搭載

ヘリオスタウンでは、大容量の太陽光発電システムを標準搭載しており、「家計にゆとりが生まれる」として評判を得ています。太陽光発電にて生まれた電力は自家消費電力に充てることで諸経費を抑えられるうえ、余った電力は売ることも可能です。

家計にゆとりが生まれれば、心や時間にもゆとりのある生活を送れるようになるでしょう。

高気密・高断熱の2×4工法

天井・壁・床を6枚の面で形成する2×4工法は、柱ではなく面で力を受け止めるため、耐久性や耐震性に優れています。また、2×4工法で建てた住まいは気密性や断熱性も高く、夏の熱さや冬の寒さを軽減可能です。少ないエネルギーで1年中快適な室温を実現できるため、省エネ効果が期待できるでしょう。

印西市で省エネ住宅を建ててくれる工務店・ハウスメーカー

一条工務店

冷暖房費を1/5にカットできる

近年では高気密・高断熱に力を入れている会社も増えましたが、一条工務店の気密性や断熱性は、国の定める省エネ基準の5倍を誇ります。これは一般的な高気密・高断熱性よりも高く、夏であれば28度設定、冬であれば24度設定で十分涼しい空間を保つことが可能です。

一見贅沢であると思われがちな床暖房システムも、保温力に優れた住まいと組み合わせているため、ワンランク上の生活を少ない電力で叶えられます。

超ZEHの住まいを提供

一条工務店の省エネ住宅は、一般的なZEHの住まいよりも気密性や断熱性に優れた超ZEHの住まい「アイ・スマート」を実現しています。外壁・床・天井に高性能ウレタンフォームの断熱材を使用し、熱の逃げやすい窓には一般的なアルミサッシの約5倍の断熱性能を有する「防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ」を採用。国の定めるZEH基準の2倍以上の断熱性能を持つ住まいが手に入ります。

アキュラホーム

エコな住まいを実現する「高性能断熱材」

天井には155mm、壁には105mm、床には80mmの厚さがある高密度断熱材を使用。熱さや寒さを寄せ付けず、冷暖房の効率も大幅アップします。

熱ロスの35%ほどを占める窓には、「アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」を使うことで、より快適な住まいに仕上げているのが特徴です。

自然と共に生きる省エネの住まい

アキュラホームの提案する木のスマートハウスは、現代テクノロジーに太陽や風、緑などの自然エネルギーを活かす設計が施されています。住む人が快適に過ごしながら節エネできるうえ、地域の風土や気候に合わせた細やかな家づくりが可能です。これも自由設計の木造住宅ならではのメリットでしょう。

印西市の分譲住宅、狙うならこの3社!
※分譲価格は各公式サイト掲載の価格です
(「ルナ印西牧の原 クルム ザ・グランデ」は2020年8月当時、「千葉ニュータウン三丁目3番地」「ヒルズTHEヒルズ印西牧の原エイテスタウン」は2019年8月当時)
住み心地・住宅性能を
重視したいなら
ルナ印西牧の原
クルム ザ・グランデ/
(直売)

分譲価格:
3,480万円~
4,827万円

分譲価格:
3,480万円~
※2020年8月当時

閑静な住宅街で
ゆったりするなら
千葉ニュータウン
三丁目3番地/
(直売)

分譲価格:
4,956万円~
5,465万円

分譲価格:
4,956万円~
※2019年8月当時

世界水準の技術力。
耐震性の高い家
ヒルズTHEヒルズ
印西牧の原
エイテスタウン/
(直売)

分譲価格:
4,680万円~
5,070万円

分譲価格:
4,680万円~
※2019年8月当時

印西まち歩きレポート人気エリアの分譲地をチェック!