住みよさ1位の印西市の分譲住宅情報をお届けします。

住みよさランキング1位の街!印西市調査隊【分譲住宅編】

大切なのは住み心地?おしゃれさ?知名度?印西市の分譲住宅狙うならこの3社!
印西まち歩きレポート人気エリアの分譲地をチェック!
印西市調査隊【分譲住宅編】 » 印西市が暮らしやすい理由は? » 印西市コミュニティバス「ふれあいバス」を紹介

印西市コミュニティバス「ふれあいバス」を紹介

印西市には、車がない人でも住みやすさを損なわないよう、運賃一律100円というコミュニティバス「ふれあいバス」が運行されています。

ふれあいバスの特徴や運賃、運行ルートなどについて、まとめて紹介します。

印西市コミュニティバス「ふれあいバス」とは?

印西_バス

印西市コミュニティバス「ふれあいバス」は、印西市が住民サービスの一環として提供している公共バスです。同一運行ルートであれば運賃が一律100円で、さらに他のルートへの乗り継ぎも無料など、地域住民にとってメリットの多いサービスといえるでしょう。

一律100円の運賃

ふれあいバスでは、同一運行ルートではどこまで乗っても運賃が一律100円(先払い方式)という、料金設定がされています。また、乳幼児や小学生、障害者手帳保持者とその介助者1名まで無料という点も見逃せません。

割引サービスはありませんが、PASUMO(パスモ)やSuica(スイカ)なども利用できるので、財布やバッグに常備しておけば、小銭がない時でも気軽に利用することが可能です。

ルート間の乗り継ぎが無料

全6ルートの運行ルートは、特定場所を基点として無料で他ルートへ乗り継ぐこともできます。

ただし、運行ルートを乗り継ぐ場合は、運転手へその旨を伝えて「乗り継ぎ券」を発行してもらわなければならないので、注意して下さい。また、乗り継ぎ場所としては、市役所と、市内の4駅(木下駅・小林駅・印西牧の原駅・千葉ニュータウン中央駅)の計5カ所が想定されています。

尚、乗り継ぎ券は当日のみ使用可能で、再び元のルートのバスに乗車したり、再発行・払い戻しなどをしたりすることはできません。

運行ルートは全6ルート

東ルート

小林・平岡循環ルート

中ルート

別所・牧の原・高花循環ルート

西ルート

永治・木刈循環ルート

南ルート

千葉ニュータウン循環ルート

布佐ルート

市役所・千葉ニュータウン中央駅北口ルート

印旛支所ルート

印旛支所・牧の原循環ルート

停留所・時刻表

ふれあいバスの停留所は、イメージキャラクターである「ポン太(たぬき)」と「コン助(きつね)」が描かれた、水色の看板が目印になっています。

また、停留所ごとの時刻表や所要時間、乗換検索に関して、スマホなどでいつでも検索できる「ふれあいバス時刻・乗継検索システム」も提供されています。※1

※1

「ふれあいバス時刻・乗継システム」http://61.213.16.67/bussearch/search.html

ふれあいバス利用の注意点

交通渋滞や事故、天候などによって、時刻表通りに運行されない場合もあるので注意して下さい。

特に「中・南・印旛支所ルート」の3ルートについては、牧の原駅周辺の交通渋滞によって、休日などで大幅なタイムテーブルの乱れが想定されています。

大切なのは住み心地?おしゃれさ?知名度?印西市の分譲住宅狙うならこの3社!
印西まち歩きレポート人気エリアの分譲地をチェック!